賃料評価方法

○賃料はどういう基準で決められているのでしょうか?

借り手側は目に見えない部分であるため、それが適正賃料であるのかを判断することは困難です。
貸し手側もただ漠然と賃料を決めているわけではなく、一般的に下記のような評価手法を用いて賃料を算出しています。

○賃貸事例比較法

賃料算出の手順は、多くの賃貸事例を収集・選択し、これらの実質賃料について、事情補正、時点修正を行い、なおかつ、地域要因、個別的要因を比較考慮して 求める手法です。実際実質賃料とは定期的に支払われる支払い賃料のほかに、契約に当たり授受された一時金の運用益、償却額を含むものです。

○収益分析法

対象不動産が将来生み出すであろう純収益の価格時点における現価の総和をもってその不動産の価格とする手法であり、これは不動産の純収益を適正な還元利回りで還元することによって求めます。


今すぐ専門家を探す

家賃値下げ交渉に強い専門家をPICK UP!!

家賃値下げ交渉に強い専門家を「家賃値下げ交渉.net」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

Q&A QRコード